世界の動画&ニュース収集所

『パシフィック・リム』おもしろそー


『パシフィック・リム』おもしろそー!!

はじめて、予告を地上波で見た時に直感的にそうおもいました。

ニュース番組で宣伝しているところも見たんですが、ドラマ『マルモのおきて』で一躍有名人になった芦田愛菜ちゃんも出演しているんですよね。

監督はギレルモ・デル・トロ。
ブレイド2やヘルボーイなどの監督もつとめています。

パソフィックリム.jpg

続きを読む


ネット通販の極意?

なんだか、最近仕事が忙しくて新規投稿をサボってましたわーい(嬉しい顔)

久しぶりの投稿で何を書こうか考えていたんですけど、
最近、よくネット通販を利用するので、ぼくなりのネット通販でのお得な買い方を
あれやこれやと書いてみようとおもいます。


ネット通販大手にはリンクに表示されるテキスト" target="_blank">アマゾン楽天ヤフーショッピングなどがありますね。




ぼくがよく利用するのはアマゾンなんですけど、楽天も利用します。
ヤフーショッピングも利用します。

特にこだわりはないんですけど、最近はネットショッピングにハマり気味です。
どうしてかと言うと、

1,商品が豊富
2,自宅で買い物が出来る
3,夜中だろうが、昼間だろうがいつでも注文を受け付けてくれる
4,近くで買うよりも安い時がある
5,家まで届けてくれる

・・・などなど

仕事をしているとどうしても買い物に行く時間って思うように取れませんよね?
ぼくなんかは工場勤めで残業があるもんだから、平日はほぼ買い物にはいけません。

かと言って休みにの日にほしいものを探して歩くのも面倒くさい。


色々と見て回って、買い物するのが好きな人は苦にならないかもしれませんが、
ぼくみたいな面倒くさがりにはネット通販というのは本当に便利なんです。

とはいえ、ネット通販はメリットばかりではないですね。

1,欲しいと思った時にすぐに手に入れられない
2,近くの店で買うより高い時がある
3,実物を見ることが出来ない
4,胡散臭いものもある

・・・などなど


このようにデメリットもいくつかあります。


ヤフオクの詐欺業者の噂は聞いたことありますか?
注文したのに商品が来ない。
全く違うものが届いた。
などネットで買い物するのが不安になるような噂がありますよね。

でも噂ってかなりの場合、大げさに言われるんですよ。
実際は、噂のもとになっている悪徳業者はほんの一部なんです。

ヤフオクだけではなく、アマゾンや楽天でも悪徳業者はいるんですよ。

でもやっぱり、本当に悪いことをしてるのはほんの一部の業者なんです。


ぼくも初めてネット通販でものを買うときは不安でしたけど、今では逆に楽しいくらいです。

悪徳業者に引っかからなければ、本当に便利に利用することが出来るんです。


続きを読む

カラオケ行きたいなぁ




久しぶりの投稿です。

最近、カラオケに行きたい気分で色々と好きな歌、歌いやすい歌を物色していました。

歌いたいけどキーが出せない歌もあるんですよね。

中でも森進一の「狼達の遠吠え」は僕の中ではかなりアツイナンバーです。


おそらく知っている人の方が少ないでしょうね。

知る人ぞ知るという一曲だと思います。

大好きなんで今日はYOUTUBEにアップされた動画を載せておきます。

あついぜ!


続きを読む

全国で流行っているリアル脱出ゲームのな内容は?

real脱出.jpg

クリア率がめちゃめちゃ低いリアル脱出ゲームなるものが今流行ってきているみたいですね。

リアルな世界で脱出ゲームを体感できるというのが魅力なんでしょうね。


ぼくもやってみたいかも。

脱出ゲームといえば密室で謎解きをして脱出するというのが基本なんですけど、
このリアル脱出ゲームもその基本を周到しているみたいです。

ここで紹介している会場は明治神宮球場なので密室ではないんですが、
一応出口はとじられてるんでしょうね。

全国各地で会場が用意されて大の大人がはまってるみたいですよ。

それでこれがそのリアル脱出ゲームの実際の動画です。

そしてリアル脱出ゲームの公式HPです。
http://realdgame.jp/

参加はチーム編成が基本で、こんな球場以外にも宇宙基地や牢獄、
開かずのマンションなどのが会場になっていたりもスルみたいです。

そして制限時間が設けられており、制限時間内に脱出できなければ、
当然脱出失敗ということになってしまいます。


このリアル脱出ゲームの一番の売りはおそらくチーム編成に有るんじゃないでしょうか?
チーム編成は人数が決まっていて、ある人数で編成されます。

もちろん、初対面の赤の他人と同じチームになることも有るわけです。
でもそこが面白いですよね。

初対面とはいえ、目的はひとつ。脱出すること。
恥ずかしがっていては、うまく協力して脱出することなんて出来ないんですよ。
ゲームが終わる頃には知らないうちに打ち解けてしまっているということはよくあるみたいです。

興奮状態の時に時間を共にした人間同士というのは仲間意識が芽生えて来るんですよね。

会社の仲間とは違いますよね。会社ではいろいろと複雑なところもありますんで。
でもこのゲーム内では目的はいたってシンプル。
脱出です。

チームの他のメンバーのことは全く知らないわけです。
複雑なことを考える必要もなくただひたすら脱出を目指す。

協力することで解ける謎も有るでしょう。
その連帯感を持って一つの目的を達成するというところが
いまの時代にマッチしてるんじゃないかと思います。


ブログパーツ


『悪の教典』11月10日より放映中

悪の.jpg

悪の教典は、三池崇史監督、貴志祐介原作の『戦慄のエンターテインメント』です。
以下はあらすじです。

伊藤英明が演じる蓮実聖司はハスミンという愛称で生徒から親しまれ、他の先生からの信頼も厚い高校教師。
ところが、裏の姿は、他人への共感能力を全く持ち合わせていないサイコパス(反社会性人格障害)であり、自分の目的の為なら殺人も厭わない恐ろしい殺人鬼でした。

ある時、ちょっとしたことがきっかけで自らの失敗が露呈してしまいます。
蓮実はそれを隠蔽するため、クラスの全員を惨殺することを決めたのです…。

主演の伊藤英明の他、二階堂ふみ、染谷将太、林遺都、浅香航大、水野絵梨奈、山田孝之、平岳大、吹越満が出演しています。



サイコパスってこわいですね〜。
猟奇殺人とかの犯人なんかもこの障害を持った人が多いみたいです。

あなたはだいじょうぶですか?

ということで、この映画の登場人物のハスミンがもつサイコパスという障害について調べてみました。
いくつかチェックリストがあるんですが、その中の一つです。

----ウィキペディアより『The Psychopathy Checklist-Revised』--------------------------------------
1 口達者/表面的な魅力
2 誇大的な自己価値観
3 刺激を求める/退屈しやすい
4 病的な虚言
5 偽り騙す傾向/操作的(人を操る)
6 良心の呵責・罪悪感の欠如
7 浅薄な感情
8 冷淡で共感性の欠如
9 寄生的生活様式
10 行動のコントロールができない
11 放逸な性行動
12 幼少期の問題行動
13 現実的・長期的な目標の欠如
14 衝動的
15 無責任
16 自分の行動に対して責任が取れない
17 数多くの婚姻関係
18 少年非行
19 仮釈放の取消
20 多種多様な犯罪歴

それぞれの項目は、0〜2点で評定、総計で0〜40点に分布する。
成人で30点を超えるとサイコパスとされ、20点未満であるとサイコパスではないとみなされる。
子供のサイコパス傾向についての基準はあまり確立していないが、27点がカットオフ値。


当てはまる項目が多い人は要注意です!
自分を見つめなおしましょうね^^




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。